2015年07月20日

セルフイメージ

今日はセルフイメージについて。
どちらの写真も正真正銘の僕です。
 
ですが
右側のおちゃらけている写真が本来の普通の自分に近いかもしれません。
左側は化粧師秀と言う職業ブランディングを意識しての写真。
どちらが良くてどちらが悪いと言うのではないですが。
  
 
僕の事を良く知ってくれている人は「気さくで親しみやすく楽しい人」と言ってもらえると思いますが(笑)
  
  
会ったことのない人は
怖くて近寄りがたいイメージをかなり抱いてくれている様です(笑)
   
 
この前もあるお客様に言われた
  
 
「巨人の星で言うと、星飛雄馬に英才教育・スパルタ教育をしている父親、星一徹の様な頑固一徹・一球入魂イメージの人と思ってました」・・・って例えが古くて余計に怖い(笑)
 
  
松岡修造さま風に
「まだまだ! もっと心を込めて化粧水を!」
「まだ駄目だ! 口紅は魂を入れて引くんだ!」
「駄目だ!駄目だ! 頬紅と笑顔に気合いが入ってない!」
 ・・・
 ・・・
 ・・・
「なんだそのしょぼくれた顔は!」
 ・・・
 ・・・ 
「君なら出来る!」
「君なら出来る!」
 ・・・
 ・・・
「君を信じているんだ!」
 ・・・
 ・・・
確かに僕は柔道二段
体育会系ノリの熱い指導が似合っているかもしれない(笑)
  
  
けれど
実際は静かな物腰で優しい口調でさせて頂いている ”つもり” です(笑)
     
 
まぁ 
それほど自分の抱いているイメージと他人様とのイメージにはギャップがかなりあると言う事実を今さらながら痛感しております。
    
 
ただ、ギャップが悪いのではなく
ギャップが出ている事を自分で認識しながら
自分のセルフイメージを更に高く持ち続ける事が大切と思うのです。 
 
    
自分らしく生きるを一歩取り間違えて
「これが普通の自分」と言うセルフイメージのままだと
自分に甘えて生きるともなりかねません。
 
 
ある意味、他人様に作ってもらったイメージも意識しながら
自分を成長させる高いセルフイメージを意識する事が大切ですね。
   
 
自分にさらに厳しく
「駄目なものは駄目!」を言える大人になりたいと思います。       




化粧師秀のメイクアップショップ