2016年02月17日

化粧で社会を元気に!

いよいよ今週の日曜日、岸本周平さんの”女性の集い”の記念講話として
わたくし化粧師秀がお化粧について語らせてもらいます。
 
きっと普通の男性陣に比べたら女性と接しって来た時間が長いだけでも
女性の素晴らしさをより理解、実感しているはず。
 
そんな女性の力を、女性の魅力を最大限に引きだす事が
これからの社会、日本をより元気にして行く事になるのだろう!
と政治でも言われている一億総活躍社会、女性の管理職登用・・・
 
 
難しい事はさておき、国家の最小単位である家庭、その家庭の中の
ひとりひとりの女性が、どんな気持ちで、どんな想いで、
朝の化粧を積極的にするかどうかによって、教育が変わり、仕事が変わり
社会が変わり、もしかしたら日本の文化が変わる・・・そう思っている。
 
大袈裟かもしれないけど、
玄関先で履物を揃える習慣が、家庭にどれだけ継承、浸透しているかと
同じように、化粧は”気配”つまり気を配ると言う意味合いがあり、
もともとは思いやり文化なのです。
 
  
家庭に、職場に、社会に、化粧の効果は挙げるときりがないですが
一例を以下に書いて置きますので、詳細を知りたい方は是非とも
女性の集いに来られる事をおすすめします。
ケーキバイキング付きらしいです、最後は甘いもので誘惑(笑)
  
  
化粧の効果
① 人に対する思いやり
  (身だしなみ、たしなみ、落ち着き、安心感、好印象)
  
 
② 変身の楽しみ
  (トキメキワクワク、新しい自分発見、可能性を広げる、殻を破る)
 
 
③ 見られる喜び
  (傍を元気づける、傍を癒す、お役に立てる喜び、自己存在感)
 
 
④ メンタルケア
  (自信、元気、勇気、積極性、チャレンジ心)
 
 
⑤ ヘルスケア
  (ストレス発散、自分を癒す、認知症予防)
 
 
⑥ 性格改善
  (几帳面に、優しくなれる、凛となれる、粘り強く、清潔好きに)
 
 
⑦ 美的センス向上
  (流行に敏感になる、美意識が上がる、見た目を気にする)
 
 
⑧ コミュニケーションアップ
  (積極的に人に会う、積極的に会話するようになる)




化粧師秀のメイクアップショップ