2016年04月28日

【化粧で日本を救う!】

貴方は化粧する直前に何を想いますか?
  
誰のために、今日の化粧を頑張ろう!と想いますか?     
    
 
大好きな彼氏のため
  
愛する旦那のため
  
お世話になっているお客様のため 
   
子供達の未来のため 
    
期待してくれている上司のため
  
仲良くしてくれている友達のため
        
仕事モードに入っているもうひとりの自分のため
・ 






 

【履物を揃えると心が揃う!】って知っていますか? 
   
玄関先の履物の状態を見れば
  
その家族の心の状態がわかると言います。 
  
履物があっちいきこっちいき飛び散らかっているところは
  
心が整っていない、こころに余裕がない、
 
教育不足、家族のコミュニケーションが不足・・・
  
          
自分だけでなく飛び散らかっている履物を見つけたら
  
相手の分も揃えなおしておく
  
まさしく日本人ならではの文化、教育、思いやりです。 
     
   
 
僕の考えている化粧に対する考えも同じです。
 
 
あなたの心の様相が化粧にあらわれます。  
 
そして
  
あなたの化粧で相手、周りを【楽】にさせられるのです。
   
  
 
【働くとは傍楽】
  
お客様や周りに対して【楽】を与える。
   
  
その楽とは、サービス(楽しさ、癒し、元気、便利など)
  
 
化粧もそれと同じと考えている。
            
 
そんな堅苦しい!って思うかもしれないけど  
 
自分のためだけにする化粧は、エネルギーが弱い
  
「まぁいいか!」になってしまう。
    
   
でもその化粧が相手のためとなり、喜んでもらえると嬉しくなる。
  
だから相手を思うあまり必死になり、上達したくなる。       
    
周りに対して意識している人は、どんどん輝く。
   
素人が芸能界に入り一気に綺麗になり輝くのは、
 
見られている意識と視聴者を喜ばせたい意識が半端ないから。     
  
    
        
でもほとんどの人は、化粧教育を受けて社会に出ていない。 
 
親や友達、雑誌など、その時々の情報源が正しいとなっていて
 
月日が経ってもそのやり方のままで過ごしている。
 
だからいくつになっても化粧に自信を持てない人が多いし、        
  
どうしたら相手のためになる化粧が出来るかわからない。 
   
       
そこで僕が提唱しているのが
 
15年前から口うるさく言っているコミュニケーションメイク®
    
                
あなたの年齢
骨格、肌質、体型
置かれている環境
職業
価値観
性格
思考傾向(脳タイプ)
これからの思い

などをトータルに分析・カウンセリングし、いま貴方に最も必要な最優先的な化粧をご提案します。
  
   
   
化粧ってこんなにも奥が深いんだぁ~って目からウロコですよ。
      
     
     
一例ですが
 
参観日に化粧だけ頑張りすぎのママを見かけます。
 
それは自分のための化粧。
 
子供のために頑張る化粧は、疲れのない元気な肌で
 
控えめな化粧、若々しくフレッシュな印象を与えるもの
   
  
  
飲食店で、張り切っているバサバサ付けまつ毛の女子
 
それは自分のための化粧
  
美味しい料理の中から、ムカデが出てきそう
 
化粧品の匂いや異物が料理に入ってしまいそう・・・と
お客様が想像してしまいそうな化粧は、あなたにも
 
そのお店にも不潔感を与えるだけです。
   
    
  
この様に
 
プライベートと仕事の化粧でも、全く違うのです。     
   
でもそんな当たり前の事を注意、アドバイス出来る人がほんと少ないんです。
     
  
  
化粧の由来は、気配(けはい)から来ている。
  
そもそも化粧は、気配り、心配りをすると言う事
        
  
          
「今日は誰を喜ばせようか?」 
その思いで鏡台にむかいましょう。
    
ひとりひとりが毎日
  
少しずつでも目的意識を持って行う優しさ、愛は、
  
思いやりに欠けてきた日本を救う事になるでしょうヽ(´▽`)/
    
コミュニケーションメイク® の詳細⇒
http://kewaishi.jp



化粧師秀のメイクアップショップ