2016年08月04日

厚化粧やね!

今話題の言葉 《厚化粧》

「あなた厚化粧やね!」
 
そんなタブーな言葉を口に出しては行けないよ。投票数変わるからね!(笑)
僕は例外! 何故? 職業柄、中性だから(笑)
   
 
化粧推進派の化粧師秀の独りごとですが・・・
 
 
男尊女卑と言う歴史と現在の男女平等(いや今は女尊男卑傾向とも言えるかも)
 
そんな価値観の交錯する時代に生きる僕たちは
 
かなり自分の考えをキチンと持つと同時に
 
相手の価値観に聞く耳を持つ心のゆとりがいま一番必要じゃないかな?

   
 
今は日本人的な価値観だけじゃなく、グローバル、
 
もしかしたら宇宙人的発想も視野に斬新に柔軟に感じ受け取れる覚悟も必要かもしれない。
 
 
 
話を宇宙的から地球的、日本的、地元和歌山的に戻すと
  
 
厚化粧が悪いわけでなく
 
より綺麗により美しく頑張ろうとしている女性の可愛らしさと認めれば
 
男性政治家だって「少しは小綺麗に化粧してテレビに映らなくちゃ」と言う価値観も生まれる。
  
 
化粧は社会のマナーと言う人も居る中、
 
だったら男性も化粧したら!それが平等!と言う価値観もある。
 
素顔はパジャマ、化粧は仕事着と言う人もいるし、
 
だったら男はいつもパジャマじゃん!と言う理屈もある。
   
   
そもそも  
化粧には、魔除け、祈願、気配り、思いやり等、長きに渡る様々な歴史的想いもあり
   

平成のいま僕が言いたい事は
 
厚化粧が悪い、薄化粧が悪い、素顔メイクが悪い、ではなく、

個々人の喜ぶ価値観に折り合いをとりながら、
 
その上で、各々の立場を理解して重んじましょう!と言う事。
 

 
例えば素顔メイク推進派は、厚化粧と言われる人の体験をする、
 
厚化粧推進派は、薄化粧、素顔メイクを体験してみる。
 
これ大切な事じゃないかな?
 
 
敵対意識をあらわにして、

自分だけが正しいと思っている思想は、行き着くところに、
 
喧嘩が生まれ、大袈裟に言えばそれが戦争に発展する。
 
 
災害にあっている時や健康を害しているいる時に、
 
洗顔、化粧どころじゃないと言うケースと
 
恵まれた環境のなかで、本当はそうしたいのに、「自分はどうでもいい」と言う様な自暴自棄的なげやり態度で
  
【素顔が一番!】を大義名分、言い訳にして
 
何も気にしないのは良くないよね〜と言う事だけは、ぽつり独りごとにしておきます。
 

【化粧師秀公式サイト】  http://kewaishi.jp/
【お問い合わせ】 TEL 073-422-3970
【メニュー詳細】  http://kewaishi.jp/menu-list
【ネットショップ】 http://hide.shop-pro.jp/
【化粧師秀サロンFB】 https://www.facebook.com/kewaishi/





同じカテゴリー(メッセージ)の記事画像
どんな道を歩もうとあなたの思いと意思で歩いて行こう!
【幸せは今、この時、ここにある】 化粧師秀の無料メルマガから
【自分のインスピレーションを信じて生きる!】
【営業女子のメイクを変えたら成績が上がった!】
「顔ネジを締め直そう」
一本足の彼から学んだ「たとえ何かが欠けても いつもどおりの元気な笑顔」
同じカテゴリー(メッセージ)の記事
 どんな道を歩もうとあなたの思いと意思で歩いて行こう! (2018-04-14 15:40)
 【幸せは今、この時、ここにある】 化粧師秀の無料メルマガから (2017-12-24 13:40)
 【自分のインスピレーションを信じて生きる!】 (2017-07-29 10:23)
 【営業女子のメイクを変えたら成績が上がった!】 (2017-05-27 18:08)
 「顔ネジを締め直そう」 (2017-02-27 11:33)
 一本足の彼から学んだ「たとえ何かが欠けても いつもどおりの元気な笑顔」 (2017-02-01 18:05)


化粧師秀のメイクアップショップ